TFT液晶プロジェクト

.23 2010 FPGA-TFT comment(0) trackback(0)
液晶用の変換基板のデバッグが完了しました。0.5mmピッチだと接触不良を直すのがかなり大変でした。
あとは適当に基板に穴を開けて液晶と基板を固定できるようにします。

次はTFT電源電圧12Vとバックライト電圧15Vをどう生成するかですが、これはNJM2360あたりを使おうと思います。
TFT電源は15Vからレギュレータで12Vにしたほうが安定するかもしれません。どうするか悩ましいところであります。

制御に関してはカラー液晶である程度まともに見られるものにするためにはそれなりの周波数が必要なのでFPGAを使うことになりそうです。
ただし、FPGAを使うためには先にUSBのFPGAライタを作るべきだと考えているのでTFT-FPGAプロジェクトは配線が完了した段階で凍結することになりそうです。

# そういえばAVRライタも何かを作ろうとして先にUSBのライタが欲しくなったから開発を始めたんだったかな…
# もともと何作ろうとしてたんだっけ?
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/92-cd45af22