スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Descriptor

.26 2010 AVR-USB comment(0) trackback(0)
ここまでで下層(アセンブリで書いたところ)はほぼ固まったので、あとはDescriptorを書けばPCにデバイスとして認識されるはずです。
標準的なLowSpeedDeviceのDescriptorは、
  • Device Descriptor
  • Configuration Descriptor
  • Interface Descriptor
  • Endpoint Descriptor
  • String Descriptor
の5種類ですが、上記の5つだけを定義してUSBコネクタを差し込むと、
ぽぽぽっ
って音がしてそこで止まります。
今回作るものはドライバの関係からHIDとして認識させたいので、これに加えて
  • HID Descriptor
  • Report Descriptor
  • Physical Descriptor
をサポートしなければならず、これらもGET_DESCRIPTOR(Configuration)のときに送らないといけないようです。
というわけでUSBの標準仕様書「USB Specification」に加えて「USB Device Class Definition for HID」を一通り読みます。

# どうもSugarSyncが調子悪いです…デスクトップの方はしょっちゅうDisconnectedと表示されて同期が取れなくなってしまいます。
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/56-783fcd2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。