スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配線完了

.13 2010 FPGA-LCD comment(0) trackback(0)
電源周り(Charge Pumpで±9Vを作るところ)の配線をしようとして基板を引っ張ったら、本体基板とLCDを繋いでるウレタン線がブチブチ切れてしまいました。
また0.5mmピッチのランドにウレタン線を付け直す羽目になりました。
もう0.5mmピッチは懲り懲りだぁ~

数時間0.5mmピッチのランドと格闘した挙句なんとか配線がが完了しました。あとはLT1054を買ってくるだけ。とりあえず手持ちの7660を代わりに入れてみましたが±9Vは出ていないようでした。

一応VHDLで適当なシーケンサを作ってみましたがLCDの電源が準備できていないのでまだ動くか分かりません。

例によってmskファイルがデフォルトでは生成されないのでGenerate Programming FilesのPropertyのRead Optionからmskファイルを生成するように設定します。

水晶発振器の周波数が40MHzなのでタイミング制約はこんな感じでしょうか。
NET "sys_clk" TNM_NET = clk;
TIMESPEC TS_clk = PERIOD "clk" 25 ns HIGH 50%;
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/49-50a7618b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。