春スキー

.08 2010 日記 comment(0) trackback(0)
今日はFPGA-LCDの配線をしました。試験期間中に1/3くらいやっていたので今日は残りの20本を結線しました。ピッチ幅0.5mmは疲れますね~。
あとはLCD電源±9Vをcharge pumpで生成する回路をつければFPGAのプログラムを始められます。
すでに秋月LCDを使っている人の回路図を見るとLT1054を使うと±9Vが作れるようですね。LT1054のデータシートのp18の回路をそのまま使えばいけそうです。

RAMについてはLCDの制御モジュールを作ってから配線すればいいので保留。

普通に考えればLCD制御モジュールとCPUでRAMの奪い合いになるわけですが、 それを解決するためにCPUにpreload命令を用意して実際にデータが必要になる前に外部RAMから内蔵RAMにデータを持ってくればいいかなと漠然と考えています。
preload命令をやっても実際にデータを使う前に外部RAMからのコピーが終わらない可能性もあるので動きがいろいろとややこしくなると思うのですが、実際にその方法を実現しているアーキテクチャが存在するようです。
EPICというやつです。
すでに存在する方法をそのまま使っても面白くないので今回はProgramCounter+α(今実行している命令の少し先)の命令を見て必要なデータを自動で内蔵RAMに持ってくるようにできればいいと思います。
そうすると同一のプログラムを2つ、独立した2つのRAMの上に展開する羽目になり、さらに分岐直後だと効果がないのですが、工夫次第では面白いものになりそうです。

# 構想ばかり膨らんでなかなか実現できない…

というわけでスキーε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ イッテキマース
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/46-44681870