USBのCRCって…

.03 2010 AVR-others comment(0) trackback(0)
先日SUBのCRCの計算方法をを備忘録として書きましたが、どうもその計算方法では入力に1のビットがあったときに値が合わないようです。

普通に考えたらCRCの計算は入力値(CRC含めて)を生成多項式で割って剰余が0なら符号語、0じゃなければどっかのビットが狂ってると判断すればよさそうなものなのですが…

余りがx3 + x2なら符号語っていう時点で標準的なCRCとは違うみたいですね。

# 余りが0じゃないのが符号語ってことにすると巡回符号にならないんじゃないかと思ったり。どうなんだろ。

そんなことやってたらいつの間にか一日が終わってしまいました。明日はH/W構成法の試験みたいですねw…
せめてFPGAでDRAMを制御する方法でも考えてればよかったなと今更反省。

今日の備忘録。

AVRでは
「dec reg」と「subi reg, 1」は別物
はい。はまりました。orz
decはcarry flagが立たないんですね。したがって
dec		r24
brlo	retproc
は間違い。
subi	r24, 1
brlo	retproc
が正しい。
# ということは昨日の試験...やっちまったなw
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/41-ee9b0da9