スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐梯山と安達太良山

.22 2018 遠征 comment(0) trackback(0)
7/21-22
気づいたらヤマノススメ サードシーズンが始まっていました。というわけで今週は東京から安く行ける山に行ってきました。



1日目
前日の夜にトレランザックなるものを買ってみたので今回はその試走が主な目的。慣れない装備での山行なので多少不安だが軽めのルートにしたのでなんとかなるだろう。
そんなことを考えながら18きっぷで鈍行を乗り継いてやっと着いたぜ猪苗代駅。時刻は11時半くらい。登山口まで軽く走って12時頃に登山開始。

まずはクソ暑い真夏のゲレンデを一気に登る。暑い。人いない。ここまで誰もいないと気味悪い。




ホタルブクロかな?それともヤマホタルブクロ?


今日の山が見えてきた。






山頂着いた。八方台ルートと合流するまでにすれ違ったのは5~6人だけ。いやいや人いなさすぎでしょこのルート。


猪苗代湖も霞んでいる。


霞んでてなんか微妙な感じだし下山しよう。

この盆栽園みたいなところを通過すればあとはゲレンデを下るだけ。




下山後、野口英世記念館へ。


野口英世の家のあたりから見た磐梯山。野口英世もきっと毎日見ていたに違いない。


無人駅。ちなみにこの先の猪苗代湖畔駅は休業していて電車は止まらない。事前に調べていないとハマるポイントだった。


客も含めてマジで人いない。文字通り無人駅。


その後、郡山に戻ったら軽い熱中症っぽい感じで少しフラフラしていたがとりあえず松屋で牛丼食ったらだいたい治った。

2日目
もともとの予定では本宮あたりから走って行こうと思っていたのだが、初日に不調になったので登山口までおとなしく電車とバスで行くことに。
行きのバスは二本松から直行便で500円。

バスを降りたら風が強く、ゴンドラも止まっていた。早速登るのだが風が強く目に砂が入ってくる。眼鏡してるのに。
途中の休憩所みたいなところから山頂を見ると、山頂は完全にガスの中。涼しいのはありがたいが視界不良は気が滅入る。なんともわがままな話だ。






ここからがほんとの空らしい。何のことかわからなかったが駅に戻って理解することになる。ちなみにこの日の「ほんとの空」は真っ白。


山頂。












とにかく風が強く、稜線上なので煽られて吹っ飛ばされそうになる。しかも視界が悪く、この宇宙人みたいな目印がないと道すら間違えそうになる。これはなかなか恐ろしい体験だった。
が、幸い西風なので少しだけ下ればすぐに風は治まる。


この辺は気持ち良いそよ風が吹いている程度。






奥岳に戻ってきた。バスまで1時間あるので奥岳の湯へ。ここの露天風呂、山が見渡せて眺めが最高だった。

バスが来たので二本松駅に戻る。帰りのバスは直行便ではなく、途中で乗り換え。ルート自体は行きと同じなのになぜか300円+500円だった。なんか釈然としない。
二本松駅でBaccanaleというイタリアンに行ったのだが、ここの料理は本当においしくて、この世にこんなに美味しい物があるのかと一人で感動していた。


電車まで30分くらいあるので駅の周辺を散策してきた。神社の境内ってなんか涼しい。
よく見ると確かに松の木が鳥居の両側に一本ずつあって二本松なんだな。この神社が地名の由来なのか?




さて、「ほんとの空」といえば智恵子ですね。なんでさっき気づかなかったんだろう、、、


その後18きっぷで半日かけて東京に帰還。
軽い登山をして温泉に浸かりながら夏山を眺め、おいしい料理を食べて幸せな旅であった。

関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/318-455ebf75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。