足尾銅山

.03 2017 遠征 comment(0) trackback(0)
9/2,3
足尾銅山とその流域を視察してきました。



1日目

出発はこの前制覇した桐生。今回はここからひたすら足尾を目指して走る。
もともと9時着の予定であったが、700円課金してさらに足利ダッシュ(東武線の足利から両毛線の足利までは川を渡って1.5km走る必要がある)を7〜8分でキメて30分早く遠征開始。







ほぼ常に地味な登りになっているので速度はかなり低め。
足尾までの唯一の観光スポットは草木ダム。今年は40周年らしくシールが貼ってあった。こんなきれいな便箋に入ったダムカードは初めてだ。些細なことかもしれないけどめちゃくちゃテンション上がった。






結局足尾までメシは食わずほぼノンストップで来た。それでも1時半とか。非常に遅いが、40kmほぼノンストップで走るというのは過去にあまりやっていないのでトレーニングとしては悪くない。
ただ、歩道のある区間を走っているときは全然車が来ないのに、歩道がなくなった瞬間に待っていたかのように一気に車が来るの本当にやめて欲しかった。

草木ダムの近くに銅の道と書かれた標識があったが、それ以外にそんな標識はなく、銅を運搬するときにここを通ったんだろうな、くらいのことしかわからなかった。


というか当時足尾から日光に抜ける道はなく足尾はどん詰りになっていたはずなので銅を運ぶとしたらここを通る以外ないだろうと思った。
が、あとでよく調べてみると足尾銅山が賑わった時は日光方面に抜ける細尾峠も賑わっていたようである。

しばらく国道を進むと原向駅というところに着く。この一帯は山側が高い壁になっている。何のための壁なのかさっぱりわからないし、壁の上に少し木が見える。


しかも帰ってからGoogle Earthで見ると池みたいな青いエリアまである。
いくら考えてもわからないのだが、この壁のエリアの手前を通った時にやたらでかい猿がのそのそと山のほうに逃げていったのできっとここは野生の楽園になっているのだろう。

この日のメインは備前楯山(一般的に足尾銅山として知られている)なので足尾駅手前の分岐を左折するのだが、ここから先はまったく人気がなく心細かった。






それでも銀山平までは何台か車が通ったし、いくつか足尾銅山に関する看板があったのでそれを見ながら進んだ。基本的に廃墟なのであまり見ていて気持ちの良いものではない。
しかも、天気はかなり曇っている上に、轢かれたばかりの蛇が車道に横たわっていてますます気味が悪く、マジで引き返したくなるレベルだった。

さらに銀山平より先は登山口までずっと車道なのに全く人の気配もなく車も一台も通らず、さらに心細い。
道の先に猫くらいの動物がいたのだが、山の中にいる猫サイズの動物とか万一小熊だったりすると非常にまずいので一旦見えないところまで少し戻って適当に音を立てて相手が草むらに消えていくのを待った。
足取りはしっかりしていたし結構細身に見えたのでおそらく小熊ではなかったと思うのだが何なのか結局わからなかった。

桐生を出てからウィダーゼリーしか補給していないので登山口に着いた時にはもうめちゃくちゃ空腹だったのだが、人気がなくて野生動物がいるこの場所で食料を出すのは危険なので我慢して登山開始。
登山道自体は非常に整備されているし距離も短いのだが、人間が全くいない上に薄暗く、前日の雨で道も少し滑りやすく、しかも山頂に行ってもガスっていて何も見えないのでただただ辛かった。




しかも山頂から登山口に戻る途中で道のすぐ下の方から獣の低いうなり声が聞こえてきて戦慄した。

登山口に戻り、今度は間藤駅を目指す。ここからはひたすら下り坂なので走りたいのだが、クマとか犬のように走っているものを見ると本能的に追いかけるキチガイ動物も野生には存在するので走らずに進むことにした。
進んでいくと鹿が2頭慌てて車道を走ってそのまま草むらの中に消えていった。そのあとずっとピィピィ警戒して鳴いていたのでこの近くには他にも数頭いたのだろう。
足尾銅山、野生動物多すぎである。






間藤駅の周りを適当に歩きまわって間藤から桐生までわたらせ渓谷鉄道で帰ってきた。時間がなかったので肝心の足尾観光はスキップ。また次回。






翌日は荒船山に行く予定だったのだが、野生動物のうなり声を聞いてもう山は懲り懲り、という感じだったのでわ鉄の中でいろいろ調べながら翌日のプランを考えていた。
桐生に着く前に渡良瀬遊水地でラムサール5周年記念カードを7箇所で配っているという情報を見つけ、とりあえずこの日は桐生に泊まって翌日は渡良瀬遊水地で遊ぶことにした。

この日は久々にインドカレーを食べたのだが安定の美味しさだった。インドカレーはだいたいどこもうまい。



2日目

前日は宿で野生動物の鳴き声やうなり声をひたすら調べていたのだが、やっぱりあの低い唸り声はクマだったんじゃないだろうかという結論になった。他に低い唸り声出す動物なんていくら探しても出てこなかった。
そんなわけで山はやめて渡良瀬遊水地にして本当に良かったと思いつつ、まずはカード1枚目の最寄り駅の小山まで両毛線で行く。
偶然、もうじき退役となる107系に乗れた。自分はこの電車に乗るのは2回目くらいなので思い入れはないのだが、普段から使っていて慣れ親しんでいる人にとっては思い出のある電車が退役するのはきっと寂しいだろう。


小山に着いていよいよ今日のミッションが始まる。まずは道の駅思川を目指す、のだが、途中で小山城跡を散策。天守閣とか建物らしい建物とかはもう何も残っていなかった。


気を取り直して道の駅へ。この近くにR50のへそ(起点と終点の中間点)があった。普通の道の駅で、どこでカードをもらえるのかよくわからなかったのでレジの人に聞いてみたらあっさりくれた。1枚目ゲット。

次は野木ホフマン館なのだが、15kmくらいある。田んぼエリアは見晴らしもよく車もほとんど来なくてひたすら直線的に走るので非常に楽で、しかもその先もほとんど川の土手を南下するだけなので気持ちよく走れた。
途中で川を渡り一瞬国道を通ってすぐに離脱し、林の中の小さな小川に沿った木漏れ日の気持ちの良い散策路を少し行くと第二の目的地、野木ホフマン館に到着。

川を渡る。橋から下を見るとこんな感じだった。あゝ一面のクソミドリ。






ホフマンってのはこのレンガ焼器がホフマン式ということから来ているらしい。100円で中に入れた。
ここで2枚目をゲットし、わたらせ貯水池のダムカードもここでもらえた。ついでに栃木パスポートというものもここで作ってもらった。今後もB級スポットをいくつか回る旅ランはやるつもりなのでその参考になる。








ホフマン館から最短経路で次に行こうとすると荒廃した道を通ることになるのでやめたのだが、その道に入る手前に面白い犬がいた。
犬に背を向けて歩いているとてくてくついてくるのだが、振り向くと止まって逃げてしまう。で、また歩き出すとまたついてくる。きっと飼い主はだるまさんが転んだを仕込んでいるに違いない。
ホフマン館でゆっくりしたこともあってだいぶ空腹になってきたのでこのあたりで適当に菓子パンを補給して古河駅に向かう。
次の目的地は古河駅の中になるのだが、パンフレットには12時から1時は休みと書いてある。時計を見るともう12時になる。
というわけで古河に着いてから適当に散歩してアイス食って1時ちょうどに古河駅に行って3枚目ゲット。
1時ちょうどに行ったのに先におじさんがなんか聞いてたから実は1時より前から開いていたっぽい。

次の目的地は北川辺スポーツ遊学館。


途中でちょっと寄り道してtwitterで話題になっていた3県境を見てきた。まさか細い用水路が県境なんて普通思わないだろう。


というかこの3県の畑、実は同じ人の所有地だったりしないのだろうか。3県にまたがる畑。産地の表示とかめんどくさそう。
スポーツ遊学館でカードをゲットし、渡良瀬遊水地の中の島を目指す。ついでにここでカードホルダーもゲットした。

たまたまジャパンカップとかいうチャリンコレースをやっていて、バイクやチャリが横をすごい勢いで走って行くが、コーンでレース道と散歩客エリアが分離されていたので安心。
遠くから見えていてずっと気になっていた巨大毒キノコはどうやらこのレースのための(というか便乗して儲けるため)の熱気球だった。
熱気球の目の前にある小屋で5枚目ゲット。


そのままレース道に沿って飛ばして遊水地を離脱。ラムサール通りとかいう名前だけは立派な小さな道を通ってわたらせ自然館で6枚目ゲット。


あまり良く見なかったのだが標本とか展示してあったような気がする。

続いて渡良瀬川に沿って北上し、藤岡遊水池会館で7枚目をゲットし、無事コンプリート。
渡良瀬遊水池が豪雨でほぼ満水になった時の写真とか貼ってあった。この遊水池がなかったら本当にやばかったというのが伝わってくる写真だった。

あとは館林まで走るだけ。暫くはgoogle mapのサジェスト通りに行き、田んぼのあぜ道を突っ切り、行き着いた先の県道は交通量が意外と多くて歩道のないゴミみたいな道路。


仕方ないので並走する裏道で適当に進み、館林エリアに到着。
武家屋敷とか田中正造の屋敷とかあったが、後者は閉店時間を過ぎていたので見れなかった。




最後にbook offに寄り、明るいうちに館林駅に着いて無事帰路についた。

数キロ間隔でチェックポイントがあってミッションをこなす形式の遠征がとても楽しかった。思い出してみれば2013年の東北遠征もそんな感じで別に寺とか興味ないのに四寺廻廊コンプ!みたいな感じでテンション上がってた気がする。
特に今回のカード回収ミッションは閉店時間が決まっているのでだらけたりせずに楽しく走れてよい。


解除した実績
- 草木ダム
- 足尾銅山に登る
- わたらせ渓谷鉄道乗りつぶし
- 3県境に行く
- 渡良瀬遊水地ラムサール登録5周年カードコンプ

やり残したこと
- 庚申ダム(カードもらうの忘れた)
- 足尾観光

関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/302-b917bc4c