白馬スキー

.13 2015 日記 comment(0) trackback(0)
12/12、高校の友人とスキーに行ってきました。


スキーは実に7年ぶり。本当に滑れるのか不安でした。
乞食向けの格安ツアーがザコみたいな値段だったのでこいつで白馬に行きます。

12/11。朝起きたらやたら暖かくて絶望しました。東京なんて24度くらいありました。
しかも前夜は雨。ただでさえオープン直後で滑れる滑走面が少ないのに全力で叩き潰しに来ましたね。
この雨で積雪は90cm → 60cm。削られすぎ。

退社後新宿に行き、夜行バスで出発。夜行バスはやっぱり全然眠れないですね。もうじじいです。
というか前半運転が嫌がらせのレベルで下手過ぎて、何度もバイクみたいな音と振動で睡眠妨害してきました。
途中諏訪湖で休憩。星空が綺麗でした。


さて、ほんの一瞬だけ眠ったと思ったら白馬に着いてしまいました。
エスカルプラザという名前のホテルでレンタル等をします。エスカルゴからゴだけ抜き出したような名前です。
ではその「ゴ」はどこに行ったのかというと、このホテルの目の前にありました。


だんだんと朝日が登ってきてゲレンデの惨状が見えてきます。
滑走面はまだらというか白いところのほうが少なくて一同頭を抱えました。


五竜だからこれでもまだマシな方なのでしょう。八方尾根は滑走可能エリアがもっと少ないのでツアー中止レベルだったのではないでしょうか。

とりあえずレンタルを済ませて8時半、山頂付近の滑走可能エリアに移動です。
上まで来てみたはいいのですが、雪面がカチカチでストックは完全に跳ね返されるし板の踏み込みも効かないし全く歯も刃も立ちません。
しかたなく初級コースでhakuba47を少し下ってみると、下の方は意外と雪が柔らかく、これならまあ滑れるというレベルだったのでしばらく下で遊びました。
しかし初級コースの下の方は雪が少なく、滑るとスキー板が土や石にあたってガリガリといやな振動が伝わってくるのでした。
昼食後は一番上まで行き、中級コースに挑戦しました。なんとか無事滑り切ることができてよかったです。




中級コースでも苦戦しましたがそれでも来たからには上級コースに挑戦したいということで行ってみました上級コース。
前半は急斜面でこぶだらけ。ほとんど横滑りみたいな格好でずるずる下ってなんとか休憩地点まで行きました。
後半は斜度が若干緩くなったせいかそこそこまともに滑れたので完敗は免れましたが上級コース恐るべし。
しかし最上級コースなんてものもあって、そっちはさらに急斜面な上に雪が少なくて土があちこち露出していて見るからにやばそうだったので挑戦する気すら起きませんでした。

下のゲレンデからホテルに戻るには一旦C-Line, E-Lineのリフトで上まで行って、そこからゴンドラで山麓に下ります。
C-Lineは4人乗り、E-Lineは2人乗り。つまりC-LineとE-Lineの乗り換えポイントに渋滞が発生します。これは仕様バグっぽいですね。
乗り換えポイントのバッファが溢れたらC-Lineの帯域を制限するとかそんな制御も当然ないので人がどんどん溜まっていきましたね。
宿に戻って夕食をとって風呂に入ったら一瞬で眠くなったのでぐっすり朝まで寝てしまいました。甘酒うまかった。

翌朝、ツアー代には帰りの交通費とかも入ってますがすべて捨てて三鷹に向かいます。こんなことなら18切符調達しておけばよかったです。
大糸線、中央線を乗り継いでなんとか公演に間に合いました。めでたしめでたし。

関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/268-31ea78c6