富山旅行

.17 2014 遠征 comment(0) trackback(0)
富山に行って来ました。といっても千葉県の富山(349.5m)です。
送信者 tomisan


より大きな地図で 富山遠征 を表示

本来は前回の旅行で南房総に行くはずだったのを変更して烏山に行った。
当初の予定では平日に内房線で岩井まで行く予定だったが、それではあまりに芸がないので東京湾フェリーを使おうと思い立って計画を変更した。
その結果上野東京経由で行くことになり、平日の朝にこの方面の列車を使うのは得策ではないと考えて南房総を日曜にして前回の旅行は烏山にしたのだった。

朝6:50に起床。8時前に起きたの何年ぶりだろう。
7:20くらいの列車に乗り上野、東京、品川を経由して久里浜に到着、10:20のフェリーで浜金谷に向かった。


フェリーの後ろでは鴎に餌をやる人がたくさんいた。


いよいよ千葉県。


かなりの数の鴎が飛んでいたがそれでも甲板には餌がこぼれている。
鴎は甲板に落ちた餌には見向きもしないのでカラスが拾っていた。


岩井に着いた時にはすでに12時近くになっていた。早速観光するが風が強い強い。
千葉と言えばソテツ。そのボスがいた。強そう。


伏姫籠穴行ってきた。






そんな面白いものでもなかった。

少し行くと小さな滝があった。高尾山の滝よりはマシ。滝の右の木ががが


舗装された道が終わってハイキングコースになる。春。


10分くらい登ればすぐ頂上だ。


この日は風が強く写真撮るのも一苦労。


山間ののどかな風景。


水車小屋。
普通のコンビニのおにぎりでもこういうところで食べると美味しく感じる。でもエビマヨはやっぱしょぼい。


続いて伊予ヶ岳。水車小屋から近道があったはずなのだが道なりに進んだせいで遠回りをしてしまった。
途中で道に迷って近くにいたおばあさんに道を聞いてみたら「あの山だよ」と言われどうやら逆走していたらしい。
気づいたら南に進んでたからおかしいと思ったんだよ。

伊予ヶ岳ハイキングコース。途中に倒木や崩落あり。


途中から登山道になる。ロープや鎖場あり。低い山なのに面白い。


頂上着いた。この景色でしかも風がかなり強いので足がすくんだ。鋸山の地獄のぞきなんかと比べ物にならないくらい怖い。




標高は富山より低い。


北の山頂から見た伊予ヶ岳。


北の山頂から北側に進んで下山するルートがある気がして進んでみたが途中で赤テープが消えてるし倒木だらけで困難だった。
それでも無視して進んでみたが通常の登山道にしては傾斜が急すぎるし道という感じではなくなってきたので仕方なく来た道を戻った。
あとで調べたら一応道になっているらしい。

下山してr89を東に進む。菜の花が満開。このあたりでは菜花(なばな)というらしい。


棚田。このあたりでは水仙が一面に植えられていたりする。もう少し早い時期に来れば満開だったはずだ。


ソテツ(ノーマル)


この付近あちこちにソテツが生えてるけど何かに使うのだろうか。

鴨川を超え、安房小湊に向かう。もう夜だ。
満月が海を明るく染めている。写真ではぼろぼろだが幻想的な光景だ。


安房小湊の少し先のガード下まで行った。これで以前の養老渓谷の旅とつながった。
安房小湊から鴨川経由で帰ってきたので内房線も乗りつぶした。
登山含めて50kmくらい。良い旅だった。

引越し準備やら卒業式やら入寮やら何やらで旅行むりぽなので今回の18きっぷは売ってきた。
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/246-c4bb79af