四国旅行記

.24 2012 遠征 comment(0) trackback(0)
送信者 2012_Shikoku


18切符旅行、第二弾の今回は四国である。
今回の主な目的は3つ。しまなみ海道を走って渡ること、四国の秘境駅坪尻で下車すること、それから本場の香川でうどんを食べること。

当初の予定では一日目に尾道まで行って2日目に一気に渡って四国本土まで走るつもりだったのだが尾道の宿が取れなかった。
仕方なく途中の伯方島で一泊することにして初日の宿も福山にずらした。結果的にはこれが正解だったようだ。


より大きな地図で 四国遠征 を表示

1日目(移動日)

6時に起床し、18切符で広島県福山までひたすら進む。当然特急や新幹線は使えない。

しかし特急車両に乗るのは不可能ではない。
早朝に熱海方面に行くならこの列車。特急車両だけど普通列車。熱海旅行の時も使った。

この列車ならメシが食える。ロングシートだと食事するのに抵抗あるけどこの車両なら問題ない。
実際隣の人も弁当食ってた。
18切符での移動の場合、ほとんどずっと普通列車に乗ってるので食事のタイミングが結構難しい。
車内で食事を終え、熱海で歯を磨き、さらに列車を何度か乗り継ぐ。

静岡県に入るといきなり車窓が茶畑だらけになったり米原付近が本当に田んぼだらけだったり、なかなか面白い。

彦根で途中下車。
途中かなり雨降ってた気がするけどほとんど寝ていたのであまり覚えていない。
関ヶ原のあたりは雲が湧いている感じだったけどまだ降っていなかったはず。

彦根駅からだらっと走って琵琶湖到着。雲行き怪しいしひんやりした空気が風に乗って運ばれてくるし先行き不安。
電車で豪雨を抜けて来たんだからそのうちこっちも雨降るだろうしあまりゆっくりしてられない。


しかし折角来たので彦根城くらい見ていきたいところ。

松本城もそうだったけど、どうしてこう、「堀には白鳥がいるもの」みたいになってるんだか…



とはいっても時間もあまりないし途中で雨が降りだしても困るので天守閣には行かずに多聞櫓と馬屋だけ見て我慢することにした。
馬屋だからといってバカにしてはいけない。これも一応立派な重要文化財だ。馬屋のくせに。

馬部屋の数は21。多いのか少ないのかよくわからないけど、戦の時に騎兵がぞろぞろ出てくるイメージがあるので多分この馬屋は城で飼ってる馬のごく一部をつなぐ場所。
というか解説シートに書いてあった。「この馬屋は当主などの馬を常備したものでした。こうした馬屋の他にも(ry」

ついでに多聞櫓も登ってみた。天守閣見える。空やべえ。


ついでに言うと時間もそろそろ。50分くらいの新快速に乗る予定。駅まで10分はかからないけど途中で買い物していきたいし。


彦根駅に戻ったはいいが、京都大阪辺りの豪雨と落雷の影響で新快速は完全に運休。普通列車で行けと。
しかもその後来た普通列車も大雨のせいで南草津で運休する始末。結局列車の遅延は3時間くらい。
10時到着予定だったがこのままでは終電にすら間に合わない。新幹線を使うことも考えたが行けるところまで普通列車で粘ってやることにした。

結果的に接続はきちんとされていたようで、終電でなんとかたどり着いた。
福山に着いたのは1時。本来なら18切符で行けるのは日付が変わる駅までというルールがあるが、さすがに今回は日付が変わっていても追加料金は取られなかった。

もし当初の予定通り尾道に宿取ってたら大敗北のところである。


2日目

福山から伯方島まで約60km。走り始めてすぐ腹は痛くなるし小雨も降り出すしちょっと困ったけどなんとか1本目の橋(尾道大橋)に到着。

これで本州本土離脱。向島へ。海面からの高さは34mらしい。こーしょきょーふしょーの人にはつらいかも。

この橋、チャリで行くのはやめたほうがいいです。歩道クソ狭い上、歩道の真ん中に橋の支柱とか生えてます。

向島。夏ですね。


変なルートを選んでしまったせいで地図とにらめっこしながら進む。


結構わかりにくい道。


しかし景色はよい。


2本目の橋が見えてきた。因島大橋というらしい。


この橋は自動車道の下に歩道がある。1kmくらいの快走路なのであっという間です。


因島到着。なんかいるけど特に意味はないっぽい。


因島はR317をトレースするだけ。


飽きてきたところに次の橋。生口(いくち)橋というらしい。この記事書くまで読めなかった。



この橋を渡り終えたところにスタンプがある。しまなみ海道中、スタンプは生口橋と来島海峡大橋の2個しかなかった。



生口島到着。どの島も似たような景色。


毎度橋が現れるたびに橋まで登って島に着いたらまた降りる。だんだん面倒になってくる。多々羅大橋到着。これは結構長い。全長1.5kmくらい。


上はこうなってます。


多々羅大橋、写真撮ったはずなのになんか消えてる。
IS03カメラは「処理中」に戻るボタンをタッチすると写真が保存されないらしくかなりの数の写真が消失してしまった。処理遅すぎだろ。

こういうしょうもない写真は残ってたりする。しかしこのヘリどうやって着陸したんだw


大三島からの眺め。そういえばここから愛媛県だ。






この日最後の橋。小さい。


ちょうどいい時間に着いた。というか最後の橋の上で夕日が見られるように途中で休憩した。


大三島橋を渡って「は!か!た!の!しお!」の伯方島に到着。
橋降りてから国道に出るまでの区間の道、カニがたくさん歩いてた。

どうもしまなみ海道ではカフェオーレの紙パックはポイ捨てするものというアレがあるらしい。
他の缶とかペットボトルもそこそこ落ちてたけどカフェオーレが圧倒的に多い。
さらにバス停のゴミ箱、他の容器は全部その中に入ってるのに、一つだけゴミ箱の横に落ちてるのがあって、当然カフェオーレ。

単純にカフェオーレが圧倒的に売れてるからゴミの割合もそうなってるってことかもしれないけど。
たしかにカフェオーレは美味しい。
そこにほんの少しラム酒を入れるとさらに美味しくなる。


3日目

伯方島から松山まで70km。



伯方・大島大橋を渡って大島へ。何ともやる気のない名前の橋である。


大島、結構長い。


来島海峡大橋は最後にふさわしくボスキャラ。960m + 1515m + 1570m。全長4kmくらい。長い。


nice boat


途中一箇所だけ島に降りられる場所があるけど降りる必要全くない。
というか間違えて降りたけど何もなかった。


四国本土上陸! 今治造船所? 船でかい!!


そこから少し進んで適当にメシを食いつつだらだら走ってたらだるくなってきた。
大西駅付近で休憩。

復帰後海沿いの道を延々進む。途中少し雨降った。


しかしその後は青空。




県道のキロポストとか初めて見た。


愛媛だけど香川が近いのでうどん屋もけっこうある。


宿の近くに伯方製塩のビルがあった。また伯方…

は!か!た!の!しお!



4日目
基本的に移動日、ただし坪尻から宿までは時間があれば走る。
結局30kmちょっとしか走れなかった。

まずは愛媛県庁から。


続いて松山城。










車窓の風景。もちろん列車は1両単行。


乗り換えて2両編成になったけどやっぱり実質1両。


さて、目的地着いた。秘境駅坪尻。秘境駅でしかもスイッチバックする駅でもあるので一部のマニアの間では有名らしい。








ここから国道へはちょっとしたハイキングコース。といっても7〜8分で着いてしまう。駅周辺に何もない事は確かなので秘境駅としては十分だ。


国道からの眺め。鉄道はこの谷底。


吉野川を渡る。




また小雨が降った。雨上がりの虹が綺麗。







そろそろ列車使うべきか。駅から宿まで7kmくらいあるし宿周辺何もないから日がくれると真っ暗になるし。



もうすぐ宿。なんか案内がある。すでに辺りは真っ暗。星が綺麗。


ライトアップされていた。阿波の土柱。世界三大土柱に数えられているとか。ここに来るまで土柱の存在知らなかった。


駅から宿まで徒歩で来たと言ったら驚かれたのだがバスもないので他に手段がない。むしろ他の客はどうやって来てるんだ。


5日目

土柱から高松まで50km。
考えてみると2日目が広島+愛媛、3日目が愛媛、4日目が徳島、5日目が徳島+香川なので高知以外通ったことになる。
高知はまた別の機会に。

8時に宿を出ようとしたらそこそこ強い雨が降っていた。8時半くらいになってようやく止んだので出発。


まずは土柱をもう一回見ていくことにする。
この写真の上のところまで行けるらしいので行ってみた。

土柱を上から見た写真。


9時くらいに走り始め、川を渡る。
しかし川なのに水が無い。


「40km先に映画館とかショッピングモールとかあるよ」…もはや冷やかしの領域。



この水の色、どっかで見たことあると思ったら去年の秋に行った養老渓谷だ。地層もこんな感じだったし割と似てる。

しかし先は長い。延々上り坂。


景色もずっとこんな感じ。


夏らしい写真。


ダム湖。






途中で県道からしょぼい道に移る。こっちのほうが交通量が少なくて良い。


すれ違ったのは1台だけ。こんなところで車とすれ違ったことに驚くレベル。



ちなみに今の道は「へんろ道」とか言うらしい。


ここを過ぎるとまたダム。


出発から30kmくらいコンビニ一つない道だったので日差しが強烈な日だったらヤバかった。

休憩。うどん県ですから。


さぬき市、合併から10年らしい。


宿で1時間ほど休憩して観光。

高松港。


高松城跡。中には入れなかった。ちょっと遅かった?


夕食も当然うどん。たしかに香川のうどんはおいしい。


6日目
移動日。高松から東京へ。

こうはなりたくない。


ちょっと時間があったので赤灯台までひとっ走りしてきた。




電車で瀬戸大橋を渡る。車窓から。中央右が多分瀬戸大橋。


渡る。


神戸あたりから。淡路島。


大阪に着いたのが12時だったので昼食がてらぶらぶら散歩することにした。
大阪で特に何かを見たいというわけではなく、「大阪っぽいところ」を歩きたい気分だったのだが大阪駅周辺はただの高層ビル街だった。


とりあえず適当に環状線乗って適当に天満で降りたらBINGO! 超大阪っぽい感じ。

というわけで昼食。


大阪を後にし、再び車窓から。夏っぽい写真。

近江八幡で単独行動の外人さんが、飲みかけのビールを片手に「近江八幡 is the most beautiful なんとか in Japan!!」とかなんとか言いながらドアの前で一回りして降りていった。
確かにいい景色ではある。

関ヶ原。


そろそろ日が傾いてきた。


豊橋着。あとは前回と同じ行程。終電一本前で無事帰宅。

18切符、あと一回分残ってる。次はどこ行こうか。
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/215-2e7e2019