スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下準備

.30 2009 FPGA-LCD comment(0) trackback(0)
今日は埃がひどかった部屋の大掃除をしました。PCゲームをやりながらPCの電源周りの掃除をするのはさすがに心臓に悪いです。
部屋の掃除も終わって一段落したところで早速配線して机の上が散らかってしまいました><

今日は先日買ってきた秋月300円液晶をいじる準備。まずハンダでとめてあるふたっぽいものを撤去。続いて配置してあるコネクタを撤去。このコネクタの規格がよく分からないand入手できそうにないのでコネクタなしで直接ウレタン線でくっつけてしまおうという魂胆です。

ところが、…
家にあったウレタン線は0.4mm、基板のパターンの方は0.5mmピッチなので当然配線なんてできません。そこを無理してくっつけたら予想通りランドが取れました(泣
仕方がないので細いウレタン線を調達してもう一度挑戦することにします。

FPGAプロジェクトの方は春に取っておくつもりなのですが、春にスムーズに開発の中核部分に入れるように今のうちに下準備をしています。FPGA基板の配線が完了し、テストプログラムを書いてみました。
パラレルポートが付いている古いPCだとSPARTANの合成の場合、Fitterがやたらと時間を食うようになります。CPLDのときはそれほどでもなかったのですが…

やっとFitterが終わっていざ書き込もうとすると今度は「mskファイルが見つからない」とか言ってきます。調べてみるとちゃんと出てきました。
http://japan.xilinx.com/support/answers/22228.htm
よくわからないけどなんでデフォルトでは必要なファイルを生成してくれないんだろう…
まぁ結局書き込みまでできたので下準備としてはまずまずいい感じです。

# あのライターでちゃんとFPGAも書き込めてます^^
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/17-a2b4f0f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。