スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

libusb for Windows

.22 2010 AVR-USB comment(0) trackback(0)
久々の自作AVRライタの話題です。FPGAライタを「FT245R + AVR」で作ろうと思ったのですが、そのAVRをとりあえずはWindowsで開発することにしました。
UbuntuだとISEがしょっちゅう落ちて面倒なのでとりあえずWindowsで動作確認をしたいからです。

そんなわけでlibusb for windowsの最新版を落としてinf generatorを起動するとなぜかフリーズ。
仕方がないので一つ古いバージョンを落として再チャレンジ。

infファイルを生成し、デバドラを指定してやると…
デバドラの設定ファイルは見つかったけどバイナリ本体が見つからないというようなエラーがでます。

生成されたinfファイルを良く見るとlibusb-$(version)/binに置かないといけないような感じだったのでもう一度そこに生成し、再チャレンジ。
漸くデバドラをインストールできました。

続いて、ubuntuで動いたライタ制御のソースコードを一部Windows用に変更してコンパイル。

謎のエラー。

typedef struct { ... } DEVICEDATA;

このstatementでエラーが出ていました。

よくわかりませんがDEVICEDATAという型はすでにどこかで定義されているようです。
適当に名前を変えたら通りました。

また、Windowsにはstat関数などがないようで、ファイルサイズを調べるのがちょっと面倒です。
これは想定外。

あとはsleepあたりをすこし弄ってWindowsへの移植完了。

適当にテストボード用に簡易Night Riderを作って動作確認完了。

書き込み速度は多分linuxのときと同じです。
gettimeofday関数がWindowsで使えないので正確な計測はしていませんが。
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yuranos.blog11.fc2.com/tb.php/105-8b7c89b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。