スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FT245プロジェクト中断

.22 2011 FT245-CPLDwriter comment(0) trackback(0)
libftdiを使ってsvfを再生してFPGAをコンフィグするためにいろいろやっていて、まだ未完成ですが、RUNTESTコマンドに対応したところで速度を測ってみました。

結論。libftdiは遅いっぽい。
FTDIのD2XXライブラリを使ったライタがWindows上で走るのでそれと比較してみましたがとにかく遅い。
一応自分のアプリケーションの階層でバッファを作ってftdi_write_data関数を呼ぶ回数は最小限にとどめているのですが、それでも実用に耐える速度ではなかったのでlibftdiを使って作るのは諦めました。
そこでD2XXのライブラリをUbuntuで使えるようにするためにいろいろ調べています。

前にも書いたようにコンパイルまでは通るのですが、実際に実行するとFT_Openが失敗します。
lsusbではFTDIのチップがusbバス上に見えているのですが、D2XXのライブラリ関数からは見えていないようです。

昨日からかなり調べましたが、どうもD2XXは/proc/bus/usbがあることを前提に動いているようなので、今時のUbuntuでは使えないのではないかという気がしています。
今後も調べますが、調べ物にまとまった時間を使うのは勿体ないので一旦このプロジェクトは中断します。
次はDRAMの飼いならし方でも勉強しますか。

VHDL書き終わるころにD2XXをUbuntuで使う方法が分かっていればいいのだが。。。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。