電圧変換

.04 2010 FPGA-TFT comment(0) trackback(0)
FPGAの出力をラダー式DACで0~3.3Vにし、それをTFT液晶の入力規格の6V±4Vの範囲に変換したいわけですが、結構難しいです。

普通にOPアンプで加減算回路を組めば

VOUT = -(R1 / R2) * (V1 + V2 - V3 - V4)

なのでV_1 = 0, V_2 = inv, V_3 = Analog(0 - 3.3), V_4 = 5
とすればinv = 0VのときV_OUT = 6 to 10Vの範囲になり、inv = 3.3VのときV_OUT = 6 to 2Vの範囲になります。
これで完成のはずですが、実際のOPアンプは一般に高周波に弱いのでいろいろ条件がつきます。

今回はフレームレート60を確保したいので周波数は2MHz程度。

まずユニティゲイン10MHzは最低でも必要です(GBP = 10MHzのとき、2MHzでGain = 5倍。つまり14[dB])。

また、出力電圧の振れる範囲は4Vなので、2MHzに対するoutput swing > 4Vが必要です。

この2つの条件を課しただけで使えるオペアンプの値段が一気に上がるわけです。

一方、専用チップだと周波数の点では問題ないのですが、なかなか6V±4Vの規格に合っているものがないのでこちらも厳しいようです。

あとはOPアンプの電源の-12Vを生成するためのDCDCインバータが意外と高いので何かうまい方法を考えないといけないなー…

気分転換に試験勉強でもしますか。

TFT液晶プロジェクト

.23 2010 FPGA-TFT comment(0) trackback(0)
液晶用の変換基板のデバッグが完了しました。0.5mmピッチだと接触不良を直すのがかなり大変でした。
あとは適当に基板に穴を開けて液晶と基板を固定できるようにします。

次はTFT電源電圧12Vとバックライト電圧15Vをどう生成するかですが、これはNJM2360あたりを使おうと思います。
TFT電源は15Vからレギュレータで12Vにしたほうが安定するかもしれません。どうするか悩ましいところであります。

制御に関してはカラー液晶である程度まともに見られるものにするためにはそれなりの周波数が必要なのでFPGAを使うことになりそうです。
ただし、FPGAを使うためには先にUSBのFPGAライタを作るべきだと考えているのでTFT-FPGAプロジェクトは配線が完了した段階で凍結することになりそうです。

# そういえばAVRライタも何かを作ろうとして先にUSBのライタが欲しくなったから開発を始めたんだったかな…
# もともと何作ろうとしてたんだっけ?

TFT液晶買ってきた

.22 2010 FPGA-TFT comment(0) trackback(0)
昨日何となくアキバに行って何となく液晶買ってきました。
そんなわけで家に帰って何となく手持ちのインバータをくっつけてみるとバックライトがちゃんと光ってくれましたとさ。

液晶のコネクタは例によって0.5mmピッチです。
aitendoでは30pinの変換基板しか売ってなくて、しかも900円という。

それはまあいいのですが、よーく見ると、この液晶、必要な電圧の種類がやたら多いですね。
5V, 13V, -11V, -16V, -9.3Vとか。
面倒そうなので先にもうちょっと簡単な液晶で遊んでから本格的にこの液晶に取り掛かることにしようと思います。


というわけで今日また何となくアキバに行って何となく液晶買ってきました。
ついでに何となく0.5mmピッチコネクタも買ってしまいましたとさ。
それから何となく秋月の56pinピッチ変換基板も買って家に帰って何となく2つに割ってみました。

そんで0.5mmピッチのコネクタをプラスチックボンドで固定した上で半田付けして、最後に2.54mm側にピンソケットをつける。変換基板完成!!
変換基板の費用:300円弱。

ピッチ変換基板はまだ半分残っていて次回作るときはコネクタとピンソケットだけ買ってくればいいのでさらにお得!!

ただ0.5mmピッチの半田付けは相当疲れます。というより最初ボンドで固めずに半田付けして、全部くっつけた後にちょっと触ったらコネクタがあっさり動いてハンダが全部取れるという悲劇が起きてしまいました><
 HOME